BLOG

竹内 晴香/倉敷学園 保育士

2022年08月16日

ほっこりとユーモアあふれる竹内先生。

入社のきっかけは、身近な人に障がいがあり、障がい児・者を身近に感じていたことです。

私は、小学生のころから療育機関での運動会や夏祭り等に参加する中で、療育機関で働かれている先生に自然に憧れていきました。

クムレを選んだきっかけは、クムレなら幼児期だけでなく、学齢期や成人期まで幅広く様々な施設があるため、どのような施設に勤務になっても、学びが深く、生涯を考えながら支援できると考えたからです。

日々の楽しい瞬間は、昨日までできなかったことが少しできるようになったり、できるようになりたい!と子どもたちが頑張ったりしている姿を見ると、楽しいな、素敵な仕事だなと思います。

そんな竹内先生の日常は、こんな感じ♪

  オンタイム       オフタイム    

 

また、7月には岡山県社会福祉協議会主催の「すまいるスクール」の先生役で撮影をしてきました。

この企画は、福祉・介護の仕事の魅力を正確に伝え、福祉・介護分野への多様な人材の参入促進を図ることを目的としています。

当日は、プロのメイクさんに支度をしていただき、いざ撮影に。「緊張しなかった!」と、とても楽しく貴重な体験ができたようです。

おかやま総合 福祉・介護フェス 2022 (okayama-fukushikaigo.jp)

クムレでは、現場だけではなく、いろんな活動や経験ができる環境が揃っていますよ。