先輩インタビュー

HOME» 先輩インタビュー »先輩インタビュー

先輩インタビュー

先輩インタビュー











 
大学時代に同法人の“障がい者支援施設あしたば”で生活支援員助手のアルバイトをしていました。その時に出会った利用者や先輩スタッフ達の働く姿に興味・魅力を感じたのが入職のきっかけです。
3年間、障がい者支援施設あしたばで生活支援員を経験させて頂いた後、今年度、倉敷地域生活支援センターへ異動となりました。制度理解がまだまだ不十分であったり、倉敷市の社会資源を十分には把握できていないなど、日々勉強不足を痛感しています。業務内容が変わり、慣れないことも多く、戸惑いもあります。
当事者やその家族に必要とされる、感謝してもらえるとやはり嬉しいです。
以前は施設を利用する利用者・家族・関係者としか関わることがありませんでしたが、倉敷地域生活支援センターに異動してからは、地域で暮らす様々な人達や、そこに関わる障がい福祉サービス関係者に出会えるようになり、自分の中の障がい福祉の世界が広がりました。
個性的で魅力的な人達ばかりです。スタッフは全員僕より年上で、人生経験も豊かなので、仕事だけでなくプライベートの悩みや困りごとなどもよく相談させてもらっています。
利用者や相談の当事者・家族の声には常に耳を傾けています。“話を聞いて欲しい”と思っている人はやはり多いです。話を聞くことで安心してくれる人もおり、基本はやはり傾聴だと思っています。
困った時に頼ってもらえる、“内田に相談して良かった”と言われるそんな相談支援専門員を目指しています。
幅広い年代、多様な職種・経験を持つ人達が働いています。
研修・勉強会など学びの場が多くあります。就職して終わりではなく、そこから更に学び続けて行こうという思いが法人全体にあります。
仕事は大変だと思います。ですがそれ以上に利用者や仲間(スタッフ)から得られるものは大きいと思います。成長を望む人にとってはクムレは最適な場所だと思います。