先輩インタビュー

HOME» 先輩インタビュー »先輩インタビュー

先輩インタビュー

先輩インタビュー











 
実習やボランティア等で、実際にクムレの事業所に行かせて頂いた時、活き活きと働いている職員の方の姿を見て、私も一緒に働きたいと思ったことがきっかけでした。いつも優しく、丁寧に教えてくださる姿を見て、私もそのような先輩職員になりたいと思い、クムレに決めました。
今まで関わる機会のなかった月齢の子ども(0歳児)には、どう接したら良いのか、泣いている子どもにはどうしてあげたら良いのか、悩む日々でした。1〜3歳児の子どもも、なかなか自分の話を聞いてくれず、自信をなくすこともあり、日々試行錯誤していました。
特に一時保育は日々子どもが違うので、子どもの様子を把握することも難しかったです。
どうしたら良いのだろうとたくさん悩んで、たくさん考えて子どもと関わっていくと、その分子どもたちが笑顔を見せてくれ、「せんせい!」と慕ってくれるようになりました。初めは悩みの方が大きかったけど、5年経った今は、悩んだ分だけ自分も成長できたと思えるし、子どもたちがくれるパワーも大きいと感じています。子どもからの「せんせい、大好き!」という言葉は、どれだけ落ち込んでいても、前を向かせてくれる言葉です!
時にはお互いの意見を言ってぶつかる時もありますが、それはよりよい保育を願ってのこと。みんな“子どものために”と一生懸命に考えており、そのような姿を見て、私もまだまだ日々勉強中です。私が落ち込んだり、悩んだりしているとすぐに気付いて声を掛けてくださる先生たちばかりで、とても支えられています。お互いがお互いを刺激し合えるスタッフだと思います。
子どもと関わる時は、常に笑顔を忘れないようにしています。毎日来る子どもではないので、不安な子どももたくさんいます。なるべく笑顔でいることで、少しでも安心してもらえたらと思っています。また、子どもの気持ちに寄り添うことができるよう、子どもの発信はどんなに小さなことでも見逃さないように心がけています。
あと、私は自分の思いを口に出すことが苦手なので、少しずつ言葉にできるよう心がけています。保育の現場は、何よりもチームワーク、コミュニケーションが大切に
なってきます。お互いの意見を言い合える職場になればと思います。
こんなこと言うのもなんですが・・・皆から愛される職員になりたいです!! 子どもはもちろん、保護者や地域の方などと、日頃からコミュニケーションを大切にして、よりよい関係を築いていきたいと思っています。きっとそれがよりよい保育にも繋がっていくと思います。
園内外の研修がとても充実しています。自分に足りないものを勉強できる機会も多く、自信にも繋がっていきます。
また、様々な事業所があるので法人内でも連携をとりながら、利用者支援を行うことができます。
利用者のために、何ができるかを日々考え、一生懸命に働く職員がクムレにはたくさんいます。また、明るく元気いっぱいな職員も多く、みんなで楽しく働いています。是非、一緒に働きましょう!!
 
   
2016/10/26